HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

 
ダムニュースNo.404(平成30年7月)
新緑の“津軽ダム”と“津軽白神湖”体感
〜 ジョシマル日帰りツアー 〜
−東北地方整備局−

 国土交通省が管理する一級河川岩木川水系岩木川上流に位置する“津軽ダム”において、平成30年5月28日(月)に今年度初となる民間ツアー『新緑の“津軽ダム”と“津軽白神湖”体感 ジョシマル日帰りツアー!』が実施されました。
 この企画は昨年も実施されており、津軽ダムの立地村である西目屋村観光の目玉となっている「水陸両用バス」での“津軽白神湖遊覧”、“津軽ダム特別内部見学”、西目屋村内にある日本のインテリアブランドとなった“ブナコ工場見学”とその工場に併設されているカフェでの“スイーツタイム”、グリーンパークもりのいずみでの“特製ランチ”、冬の結氷で有名な“乳穂ヶ滝見学”と盛り沢山の内容で、新緑の西目屋村を体験しつくす日帰りバスツアーです。
 参加者はツアーの運営を任されている『津軽白神ツアー』の厳正なる抽選によって選ばれますが、募集人員25名に対して、253名の応募があり、倍率10.12倍と非常に人気のツアーとなっています。
 当日は、くもり空ではありましたが、初夏のポカポカ陽気の中、新緑の津軽ダムパークから眺める“津軽白神湖”と広大な“世界自然遺産白神山地”の絶景、初めて入るダムの内部(監査廊)、ダム下流から97.2mの津軽ダムを見上げる等、普段なかなか味わえない非日常を体感しました。
 参加者からは、「放流がすごい」「「ダム湖の水がきれい」「ダムが大きい」等、あちらこちらから歓声があがっていました。すっかり雪が溶けた“世界自然遺産白神山地”の玄関口に位置する“津軽ダム”も、本格的に今期のダムツーリズムシーズンが始まった感があります。

                      (東北地方整備局 岩木川ダム統合管理事務所)

スタートはまず、ダム天端で
元気に集合写真
 

資料展示室での“全国ダム
カード展”を見学

ダムを見あげます。『高い!!』
 
取水塔での説明。
皆、真剣に聞き入っています。

コンジットゲート操作室での説明。

 

日本一大きいコンジットゲートを
間近で見学!

一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics