HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

 
ダムニュースNo.401(平成30年4月)

伊良原ダム 竣工式を開催
−福岡県−

 福岡県が京都郡(みやこぐん)みやこ町に建設中の伊良原ダムは、本年度で事業が完了する運びとなり、事業の節目を記念して3月4日、竣工式が行われました。当日は、式典会場のみやこ伊良原学園に、国土交通省をはじめ、国会議員、県議会議員、地元地権者ら関係者約180人が集まり、事業の完了を祝いました。
 竣工式では、主催者である福岡県の小川知事が式辞を述べ、共同事業者代表の挨拶、出席された来賓の方々から祝辞をいただいた後、伊良原ダム建設事務所の倉本所長が事業経過の説明を行いました。その後、地元首長であるみやこ町長の音頭により参加者全員で万歳三唱を行いました。続いて、会場をダム堤体に移し、来賓の方々などによって竣工記念碑の除幕、テープカット、くす玉開きといった竣工を記念した行事が執り行われました。最後は参加者全員でダム天端道路を渡り初めし、完成したダムからの眺めを楽しんでいただきました。
 伊良原ダムは二級河川祓川(はらがわ)水系祓川に建設中の重力式コンクリートダムで、洪水調節、流水の正常な機能維持、水道用水の供給を目的としており、ダムの規模は、堤高81.3m、堤頂長339.0m、堤体積約42万m3、総貯水容量2870万m3で、福岡県営のダムとしては2番目の規模のダムとなります。
 平成29年10月から試験湛水(たんすい)を開始し、ダム及び貯水池の安全性を確認している最中で、現在、約900万m3の水を貯留しています。(平成30年3月23日現在)

(福岡県 県土整備部 河川開発課)

式辞:小川洋 福岡県知事
くす玉開き
配布中のダムカード
竣工記念碑
竣工した伊良原ダム
一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics