HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

 
ダムニュースNo.398(平成29年11月)
『津軽ダム』がグッドデザイン賞を受賞
〜全国の直轄ダムで初めて〜
−東北地方整備局−

 「津軽ダム」が、このたび2017年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。

 平成28年10月に竣工した津軽ダムは、洪水被害の軽減、流水の正常な機能維持、かんがい用水の補給、水道・工業用水の供給、発電を目的とする多目的ダムです。

 特に津軽ダムは、”世界自然遺産 白神山地”の玄関口に建設するということもあり、学識経験者、発注者、受注者、設計者で構成される「津軽ダム景観検討委員会」で堤体や付属施設の景観に対する配慮が幾度となく議論されました。

 今回の受賞にあたっては、津軽ダムの景観デザインが、「白神の自然と人が出会う新しい風景づくり」を基本理念に、ダム本体のみならず、ダム湖周辺の関連施設に至るまで、一貫したデザインとすることで、ダム施設群と自然環境とが調和する、白神山地の来訪者を出迎えるのにふさわしい新たな景観創出を図ったことが高く評価されたものです。

 東北地方整備局では初となる今回の受賞を契機に、地域活性化のため、立地村である西目屋村及び岩木川流域自治体等と連携を図り”インフラツーリズム”の象徴ともいうべき”ダムツーリズム”の推進に、より一層努めていきたいと思っています。

●グッドデザイン賞とは?

  グッドデザイン賞は、1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。今日では国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞で、グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、すぐれたデザインを示すシンボルとして広く親しまれています。
(グッドデザイン賞HP http://www.g-mark.org/
       
●津軽ダム諸元
  ・ダム型式: 重力式コンクリートダム
  ・ダム諸元: 堤高:97.2m
    堤頂長:342.0m
    堤体積:75万9千m3
    総貯水容量:1億4千90万m3
  ・事業期間: 平成3年度〜平成28年度
(東北地方整備局 岩木川ダム統合管理事務所)
2017年度グッドデザイン賞を受賞した
“津軽ダム全景”
 
ダム下流からの眺望
"津軽ダム"のライトアップの様子
 
"津軽ダム"のライトアップ
(天端の幻想的な照明)
地元 西目屋村が運行する水陸両用バス
"津軽白神号"

 
雄大な"津軽白神湖"をカヌーで満喫
岩木川ダム統合管理事務所"全景"
 
休日の津軽ダム天端の混雑状況
一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics