HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

 
ダムニュースNo.394(平成29年6月)

水陸両用バス運行記念&津軽ダムパークオープン記念イベント

−東北地方整備局−

 平成29年4月29日(土)岩木川ダム統合管理事務所及び津軽ダムパーク内において、津軽ダムを観光資源として活用するダムツーリズムの推進を図るため立地村である西目屋村が導入した水陸両用バス「津軽白神号(つがるしらかみごう)」の運行開始と、津軽ダム周辺に整備した四つの公園のオープンを記念するイベントを開催しました。

 当日は朝から雨がちらつくあいにくの天気でしたが、イベント開始時にはすっかり雨もあがり、晴天の下で大勢の来場者がつめかけ賑やかなオープンとなりました。
 オープンした公園は、イベントのメイン会場となった管理事務所がある「津軽ダムパーク」、ダム堤体直下の「白神(しらかみ)が故郷橋(ふるさとばし)パーク」、水陸両用バスの入水地点となる「津軽白神湖(つがるしらかみこ)パーク」、最も上流にある「美山湖(みやまこ)パーク」の四つです。

 この日はステージイベントとは別にダム見学会も実施しましたが、大変好評で急遽予定回数を増やしたほどでした。
 また、翌日30日の本格運行開始前に披露された水陸両用バスでは「好きです西目屋ふるさと親善大使」を務める歌手の吉幾三さんと地元園児らが乗り込み「津軽白神湖(つがるしらかみこ)」の遊覧を楽しみました。その後「白神(しらかみ)が故郷橋(ふるさとばし)パーク」に移動し、パーク内に架かる「白神(しらかみ)が故郷橋(ふるさとばし)」の渡り初めを吉さんと園児らで行いました。


※水陸両用バスは10月まで毎日5便運行(水曜休)されます。
詳しくは津軽白神ツアー(TEL 0172-85-3315)にお問い合わせください。


(東北地方整備局 岩木川ダム統合管理事務所)


好評で、急遽回数を増やした「ダム見学会」
 
水陸両用バス入水の瞬間
「白神(しらかみ)が故郷橋(ふるさとばし)」
の渡り初め(先頭は歌手の吉幾三さん)

 
津軽ダムパークオープンを記念して
配布されたダムカードセット
一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics