HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

 
ダムニュースNo.389(平成29年1月)

椛川ダム初打設式について

−香川県−

 香川県が二級河川香東川水系椛川(高松市塩江町安原上東地内)に建設を進めている椛川ダムにおいて、平成28年12月2日にコンクリートの初打設式が行われました。

 椛川ダムは、洪水調節、流水の正常な機能の維持、新規水道用水及び異常渇水時等の緊急水補給を目的とした多目的ダムで、堤高88.5m、堤頂長265.5m、堤体積約43.5万m3の重力式コンクリートダムです。ダムのコンクリート打設は、RCD工法により行います。

 初打設式の当日は、冬の澄み切って晴れた空の下、県と工事関係者など約50人が出席しました。

 初打設式に先立ち、工事の安全を祈願して神事が執り行われました。初打設式では、高松土木事務所の西川所長から「安全第一で工事にあたっていただきたい。」との挨拶の後、椛川ダム建設事務所の小西所長による「椛川ダム 初打設開始」の合図で打設が開始されました。「祝 初打設」と飾られたコンクリートバケットがクローラクレーンにより河床部に運搬され、小西所長がスイッチを押すと、コンクリートバケットが開放、初打設となるコンクリートが投入されました。最後に、出席者全員で万歳三唱を行って初打設を祝いました。

  今後、本体工事が本格化してまいりますが、平成32年度の工事完成を目指し、安全第一で工事にあたっていきたいと思います。

(香川県高松土木事務所 椛川ダム建設事務所)


工事関係者による記念写真
コンクリートバケットによる打設 状況
工事関係者による万歳三唱
一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics