HOMEへ
 HOME > 事業概要 > 調査研究 > 地球温暖化に対するダムの研究

 地球温暖化に対するダムの研究

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)が2007年にまとめた第4次報告書の大きな特徴として、次の2点が挙げられます。

 1.地球が温暖化されていることが明言されたこと。
 
2.緩和策によっても温暖化はすぐには解消しないので、適応策が重要であることが示されたこと。

気候変動がダムに及ぼす影響として、洪水流量の増加や渇水継続期間の増加、降雪・融雪パターンの変化などが考えられ、ダム技術センターでは、わが国で実施されている気候モデルの算定結果を用い、こうした影響を評価するとともに、放流設備の改造など必要となる適応策について、調査・研究を実施しています。

[Top-Page]

一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics